帝王切開の産後ダイエットは?*骨盤がカギ!

帝王切開の産後ダイエットは?*骨盤がカギ!

帝王切開で出産すると、傷口に影響しますので、一般的には産後ダイエットは2か月後以降に始めるのが良いと言われています。しかし、出産して2か月も何もしないでおくことは、出産で開いてしまった骨盤がそのままの状態になったり、腰回りの筋肉が衰えてしまい、産後の体の回復にとっては良いことではありません。
帝王切開の傷口が痛みますから、無理なことはできませんが、産後ダイエットの方法の一つである産褥体操という体操は行うことができます。この対ソ王は、出産して1日後には始めることができるような、体への負担が少ない体操なので、帝王切開した場合でも、出産後すぐから行うことができる産後ダイエットです。但し、独断で行うのではなく、かかりつけの産科医の先生に相談することは必要です。
産褥体操は、足首や首、わき腹、ウエスト、肩などの筋肉をストレッチするようにしてほぐすことが主な体操です。そのため、座った状態でも行うことができます。ただ、このような軽い体操でも、行っていると骨盤の状態が元に戻ったり、腰回りや体の筋肉が弱ってしまうのを防ぐことができますので、赤ちゃんのお世話のために忙しく動き回る日々に備える意味でも、行っておいた方が良い体操です。
産後2か月ほど経てば、帝王切開の傷口も治り、体調も安定してきますから、開いてしまった骨盤を元に戻す骨盤体操や、腹筋運動、それにウォーキングなどの産後ダイエットを行うことができるようになります。
なんにせよ、帝王切開は通常の分娩と異なり、おなかにメスが入りますので、産後は傷口が痛まないようにしながら、ゆっくりと回復を図ることが大切です。